karimenの日記

社会人になってから自動車免許を取得した記録

卒業検定

前日の教習が散々だったので、運転への自信はまったく失われており、絶対落ちるな……という気持ちで目が覚めた。今日は練習という気持ちで臨もう……。卒業検定は朝からはじまる。台風を心配してたんだけど、嵐の前の静けさか風は吹いていたけど雨は降っておらず、延期になることはなさそうである。

検定がはじまるまでの間は如何にリラックスできるかを考えていた。基本的に緊張しいなので、ガチガチになってしまって、めちゃくちゃな運転をしてしまう……というのが一番有り得そうな失敗パターンだ。

検定で走るコースは当日朝、教習所に行くと掲示板に張り出されている。僕は6番コースだった。コースを見ながらイメージトレーニングしてみるのだけど、これはあまり良くなかった。集中していろんなことを考えると緊張が高まってしまう。諦めて外の景色でも眺めることにした。

走る順番は僕が最初。下手に他の人の運転を見てから走ると、どういう気持ちになるか想像できなかったので、初っ端運転できるのは良かった。検定員は検定前に前説をしてくれた物腰やわらかそうな教官だった。いかにも緊張していますという面持ちだったのか、「深呼吸して落ち着いてね!」というアドバイスを頂いた。振り返ると、この辺のやりとりで結構リラックスすることに成功したと思う。

前日のグダグダ運転と打って変わって、普段通りという感じで落ち着いて運転できた。今までの運転を思い出しながら丁寧に走る。歩行者保護は大事だ。信号がなく横断歩道がある場所では人がいないかしっかり確認しつつ、いつでも止まれるような準備をしておく。路肩に駐車している車を追い越す時、車との距離をしっかり空けおけば、急に車の影から自転車が来ても落ち着いて対応できる……! 台風が接近していることもあってか、街にそれほど人もおおくなかったのも幸いしたとは思う。

つまるところ、卒業検定には無事合格できた!やればできるやん!最後の運転は安定していて良かったと教官に褒められたので、落ち着くのは大事である。とはいえ、まだまだ運転自体は不安なので練習していきたい。

実技についてはこれにて終わり。自動車免許を取得するには、免許センターで学科の試験を受ける必要があるけれども、実技に比べれば気は楽だ。思っていたスケジュールにもなんとか間に合いそうでよかった。

路上 #18, #19

教習もいよいよ大詰め!

残りの路上教習は卒業検定に向けての練習とみきわめを残すのみとなった。これまでやってきたことを確認するという感じなので、まぁなんとでもなるやろうと思って臨んだのだけど、まぁこれが結構たいへんだった。

まず、めちゃくちゃ体調が悪かった。ずっと頭痛がしていて、運転に支障がなければいいなと思ってたのだけど、やはりちょっと判断力が鈍っていて、普段はあまりしないミスを連発してしまった。加えて、台風前夜の雨天である。時間帯にもよると思うのだけど、普段より心持ち交通量も多く、路肩の駐車も多かった。すれ違いで微妙な判断を要求されることも多く精神的にかなり疲弊してしまった。

みきわめというのは卒業検定を受けても良い水準に達しているかをチェックされる機会なわけだけど、👆に書いた調子であったので、教習所に戻ってくるころには正直ダメかな〜と思っていた。教官も困り顔だったけど、結果としてはぎりぎりOKになった。助かったという気持ちもあったが、少しづつ生まれつつあった運転への自信はまったく消えてなくなったのだった。

さて明日は卒業検定である。

路上 #16, #17 山岳教習

山岳教習ということで山道を走ってきた。

実家が山間なので、親の運転する車に乗って、結構険しい山道も体験したことがある。教習でもすべてのカーブに警笛鳴らせの標識があるくらいの山道を覚悟してた。

実際の道はと言うと、曲がりくねってはいるが、前方の様子はわりとわかるのでそれほど大したことないようには感じた。自分で運転したことはないけど、実家の周辺だとこれくらいの道が続くので、なんとなくの感覚はあって意外といけるという感じだった。

制限速度は40km/hくらいなのだけど、道に慣れている人はそれより速い速度でばんばんとばしている。教習車が速度違反するわけにはいかないので、ゆっくり走るんだけど結構渋滞を引き起こしてしまう。そこは、教官が時々ハンドル操作して後ろの車に道をゆずる操作をしてくれるので、ずっとつらい気持ちで走らないといけないということはなかった。

街中よりかは人や自転車が少ないので結構走りやすかったなーという感想。逆に街中が怖すぎる気がする。

路上 #13, #14, #15 高速教習

高速教習のその日が命日だという覚悟で臨んだ。

これまでの経験からぶっつけ本番ではなく事前に予習して運転に望むと余裕がうまれるということがわかっているので、YouTubeで"高速道路 合流" とかを検索して、じっくり考え方を学んでおいた。十分加速して、他の車と相対速度を合わせ、指示器で合流をアピールしながら加速レーンを十分使って車線を変更する…。理論は完璧である。

あと使う予定の入口から本線に合流する様子を記録したドライブレコーダーの動画なども見ておいた。高速教習は複数教習だが、運良く運転順序が最初であればこの入口で合流することになるであろう…。とにかく必死なのだった。

当日、じゃんけんの結果、僕の運転順序は三番目になった。目論見ははずれたがやむなし.. と思っていたが、高速道路付近までの下道の運転もあるので、なんやかんやで僕が一番初めに高速道路での運転をすることになった。

それほど交通量の多くない高速道路だったので、合流位置をがんばって調整しなくても、すんなり合流することができた。うまく本線を走っている車にアピールできたのか、後続車がだいたい追い越し車線に避けてくれたのもあると思う。将来自分一人で運転するときもこれくらいの簡単な合流であってほしい..。

高速道路は運転しはじめの加速の感じはこわいものの、のってしまえば歩行者も自転車もいないので気楽である。割りと快適にドライブして終えることができた。むしろ帰りの下道のほうがこわかった。こちらがブレーキ踏まなければ、ぜったいぶつかるタイミングで何もないところを横断してくる自転車なんなの!

とにかく死ななかったのが成果で、ずっと心配していたので結構ほっとしている。

路上 #11, #12

記録に残すのが少し遅れたためにあんまり覚えてない。内容的には危険予測(#11) と、自主経路(#12)。

危険予測は複数教習だったが、ペアになった若者は運転技量が同じくらいのまじめで丁寧な感じの人物だった。複数人教習ってのは人に見られているか妙に緊張するもので、普段あまりやらないようなミスをしてしまいがち。終わったあとはお互い同程度の量のミスをおかしてたので、おたがい遠慮なく意見交換できたのは良かった。

学んだのはとにかく住宅地の道路ではゆっくり運転するということだ。制限時速40km/hだからといってがんばって出す必要はない。でなければぼちぼち道を渡っているおばあちゃんと接触してしまうであろう…。

自主経路はカリキュラムの中では二回目で、前回は夜間でどこでまがるかまったくわからず、まったく失敗した。今回は、反省を活かしてまちがいにくい経路を予め決めておき、Google ストリートビューで曲がる場所を見ておいて覚えておくという準備をしておいた。

準備が功を奏して、安定して予定した道を進むことができた。運転も大きい道が多かったのでそれほどこわいシーンはなかった気がする。だいぶ運転中の余裕が出てきた気はする。

路上#1~#10 ダイジェスト

ここ数週忙しくしていて、日記もかけていなかった。そんな中教習のスケジュールは無情にもしっかり組まれているので粛々と路上教習に勤しんだ。日記書いていない間に10コマ分も進んだのでダイジェストでお届けする。

はじめての路上

大した説明もなくおもむろに路上に出ていくように支持されたので、大変びびった思い出がある。とはいえ、はじめは意外とイケるじゃん!て感触でこのころは余裕があった。

右左折と自転車

右左折時、自転車たちは割りとすごいスピードで車の前を横切ってくる。当然、歩行者や自転車が優先なので自動車が待つのが正しいんだけど、こっちが気づかなかったら両者一巻の終わりである。

怖かった事例としては、ほぼ左折が完了しそうなタイミングで、左側の歩道を走っていた自転車が急に車道に降りてきた、というのがあった。助手席の先生も予見してない動きだったようで、反応が遅れてしまいけっこうひやひやした。

「いい体験ができたね」と言う先生は大変ポジティブだった。まぁ結果的に右左折にしっかり減速する癖はついた。初心者はとっさの判断ができないのでゆっくり走るしかないのだ。

車線変更

はじめは変更先の車線の車がゆずってくれようとしているのか、ぜんぜんわからなかった。サイドミラーの中の車が接近してこなければ、同じスピードで走っているはずだから車線を変えても大丈夫というのが理屈である。

これは走ってるうちに徐々にわかってきてできるようになってきた。必要な情報を得てからハンドルを回しているはずではあるが、確実に安心だという気持ちになったことがない。

夜の自主経路

この自主経路の教習は完全にトラウマになっている。自主経路は複数教習で、自分も含めた三人で長いコースを分担して走る。僕は二番目に運転する担当だった。

一番目の運転手と交代して、ハンドルを握ってフロントガラスから周りを見た時に、「あ、これはどこで曲がるか判断できんな」と確信した。まず普段からあんまり通らない道だったし、ましてや夜である。自分がどのあたりを走っているかまったく判断がつかない。

とにかく次は左折だからと思ってなるべく一番左の車線を走ろうとしたのだけど、路駐の車が多いので非常に頻繁に右側の車線への変更を強いられる。周りの景色を見ても暗くて何の情報も得られないし、標識も遠くてぼやけてよく見えない。しかし、どこかで左折はする必要があるのはわかってる。どんどん処理が追いつかなくなる。

ほとんど頭が真っ白な状態で走っていて、かなりハンドルが怪しかったと思う。交通量の多い道路を抜けてもしばらく判断力が回復できず、ハンドル補助をいただいてしまった。この時の先生は、僕がめちゃくちゃ困ってるのを鼻で笑ってたりして、あんまり好きになれなかったし、とにかく厳しい体験だった。一緒に車に乗った若者たちが気さくで、いっしょに苦労話をできたのだけが救い。

縦列駐車と方向転換

ゆっくりしたスピードでルール通り確実に操作を行うのは得意なのである。駐車や方向転換はほとんど失敗しなかった。位置取りや操作の切り替えタイミングを確実にやればよい。もうちょっと練習すれば検定のときもなんとかなるだろう。

もうちょっとやっていく

二段階も半分くらい終わった。学科の方は模試みたいなのを受けたら100点とれたので、ゆったりとした気持ちになっている。実技の方は、このあとは自主経路その2や高速教習が待っている。命を大事にがんばっていきたい。

所内#11, 所内#12, 仮免検定

……とか書いているうちに仮免取ってしまった!

仮免検定の前には無線教習とみきわめというやつがあって、みきわめが良好となると修了検定に進める(良好でなければ補修!)。びびりながらもなんとか無線教習を終え、みきわめも徐行の仕方が雑(もっとスピード落としたほうが良い)といったアドバイスをいただきつつも、なんとか良好をいただいた。というのが先週の土曜日だったのだけど、みきわめが良好になる前提で次の日の日曜日に仮免検定の予定が組まれているので忙しい。

仮免検定は、所内のコースを決められた順序走行するというもの。走るコースはかなり複雑でぐるぐる所内の道路を何周もする必要があり、覚えるのが難しい。三種類あるコースのどれを走るかは当日までわからないし、同じ日に学科のテストもあるのでなかなか準備が大変だった。

さて実際の検定はというと、僕が走るのは2番目だったので、まずは1番目の若者の検定を後部座席から見物する役と相成った。最初に検定を受けた若者はどうやらだいぶ緊張していたっぽく、初心者の僕からみても危なかっしい運転に見えた。たぶんコースをまちがえてしまったあたりで完全にテンパってしまった様子で、いくつかミスを重ねたあと途中で検定終了になってしまった。若者には次回頑張って欲しいという気持ちも少しありつつも、正直自分も同じ目に会うのではないかとめちゃくちゃ不安になってきた! うおー!勘弁してくれー!

案の定、自分の検定では若者が進入に失敗した交差点のところで、進入方法に気を取られるあまり指示器を出し忘れてしまった..。曲がった瞬間に教官が何かメモを取っていてきづいたけど時すでに遅し。あと坂道発進時にサイドブレーキをしっかり戻さないまま発信してしまった。ただこのミスは教習中もよくやっていたので落ち着いてサイドブレーキを戻すことですばやくリカバリー出来てよかった..(良いのか)。

結果としては上の2点くらいしか目立ったミスが無かったようで合格できた。S字やクランクは一度もミスることなく所内コース人生を終えれて良かった…。なんかあぶなっかしい運転だとは言われたので気をつけていきたい。ここからは路上運転をすることになるので、とにかく人を轢かないように安全にやっていきたい。